市政懇談会

伊勢原市役所に於いて市長も出席し、西湘地域連合主催の市政懇談会に出席させて頂きました。市の運営方針、社会インフラ、産業雇用政策、環境エネルギー、社会福祉、教育政策、行財政改革と幅広く意見交換を行いました。

IMG_0619
IMG_0618
IMG_0617

駅前清掃活動

愛甲石田駅前清掃活動に参加させて頂きました。皆さんのおかげで見違えるほど綺麗になりました。ご協力ありがとうございます。

IMG_0620
IMG_0318
IMG_0316

議会報告会

昨日は午前中長寿会コーラスの伴奏ボランティア。午後から地元石田地区にてミニ集会を開催し、市政の状況と議員活動の報告を行いました。

内容説明30分に対して質疑応答60分。皆さん積極的に意見を述べていましたね。頂いたご意見は今後の市民福祉向上へ役立てたいと思います。

夜は後藤祐一事務所にて16区常任幹事会でした。

本日は、朝から地元で毎週定例のラジオ体操、石田子安神社の例大祭、なおらい、神奈川駅伝応援といったところです。

IMG_0664
IMG_0665
IMG_0666

伊勢原市少年少女音楽祭

伊勢原市少年少女音楽祭に出席させて頂きました。公募の幼稚園児・小学生ら児童84人が、昨年5月から練習を重ねた成果を発表しました。音大生らで構成するアマチュアオーケストラ「伊勢原ユース シンフォニエッタ」の演奏で、「赤い靴」「箱根八里」などの神奈川の童謡唱歌メドレーや「線路はつづくよどこまでも」などを披露して頂きました。

IMG_0070

議会報告会

市光工業労働組合の皆様向けに議会報告会を開催させて頂きました。

IMG_0068

消防出初式

昨日は、伊勢原市消防出初式が執り行われました。この消防出初式では、消防職員及び消防団員の士気の高揚を図り、今年一年の職務遂行への決意を共用するとともに、市民の皆様の防火防災意識の向上を目指し、毎年実施されているものであります。

今回は消防団員として2度目の筒先を担当させて頂きました。

そして本日は今年度20歳になる新成人へのお祝いとして、平成30年成人式が実施されました。成人された1026人の皆様おめでとうございます!

IMG_0019
FullSizeRender
IMG_0022

市長へ要望書を提出

本日、会派「新政いせはら」から高山市長へ、伊勢原市政について12件の具体的な施策をまとめた要望書を提出致しました。今後、会派の報告会等で説明して行きますので宜しくお願い致します。

IMG_0622
IMG_0621



街頭活動

今朝は地元の愛甲石田駅前にて後藤代議士と街頭活動を行いました。

都議選では自民党も民進党も大敗でした。内閣支持率がついに30%台となりましたが、民進党に支持が移っているわけではありません。

内閣支持率降下の要因は、今更言うまでもありません。民進党はそれらを厳しく追求し、様々な問題を浮き彫りにしました。

本来であれば、ある程度の批判票が流れてくるものですが、実際には議席を失い、離党者を出すような事態になりました。

民進党は崖っぷちです。

これだけブランド力が低下してしまうと、看板のすげ替えや、代表の変更といった付け焼き刃での改革では、信用回復は現実無理だと危惧しています。

最近、何人かの若手国会議員が「解党的大改革」と発言しています。相当な覚悟での発言だとは思いますが、むしろ「的」もいらないのかもしれません。

改革はこの秋以降みたいですが、的はずれな改革にならぬよう期待しています。

「違うだろー」的な改革は勘弁して欲しいですね。

IMG_0623
IMG_0624

民進党総支部大会

民進党第16区総支部 平成29年度 総支部大会を厚木の文化会館で開催し、支部と議員の活動報告等を行いました。
 
IMG_0627
IMG_0626
IMG_0625

本日、平成29年度 国道246号バイパス建設促進議員連盟総会に出席をさせて頂きました。

採択された「決議」は、以下のとおり

国道246号の厚木から秦野間では、慢性的な交通渋滞が発生し、市民の生活環境や経済活動に多大な影響を及ぼしており、円滑な交通機能の確保が大きな課題となっている。国道246号バイパスは、東名厚木道路、新東名高速道路及び、さがみ縦貫道路と連結することで、県央地域の交通ネットワークの強化・円滑化を図る上でも最重要路線となっている。3市行政間で組織する「国道246号バイパス建設促進協議会」が、長年にわたり、国、神奈川県等に対して、全線着工の実現に向けた要望活動等を実施している。こうした中、伊勢原西インターから秦野中井インター間の5.2kmが、平成26年3月、13年ぶりに事業化されました。また、工事関連事業費も毎年増加し、35億円を超える予算が確保されています。しかし、全線事業化を要望している議員連盟としては、計画道路29.1kmのうち、13.6kmが事業化(率、46.7%)、残る15.5kmの早期事業化を望むものです。事業化区間の13.6kmの用地取得進捗率は、平成29年4月現在で54.5%(厚木区間 15.0%、伊勢原区間 91.7%、秦野区間 0%)と微増である。しかしながら、伊勢原市内の埋蔵文化財調査に時間を有し工事が遅延している。新東名高速道路の開通に間に合わない状況にあり、早急な工事進捗を期待するものである。さらに、市民の安全で快適な生活環境の確保と近隣自治体の発展のため、国道246号バイパスの早期全線着工を強力に促進するためには、秦野市、伊勢原市、及び厚木市の吏員が一丸となり、「国道246号バイパス建設促進協議会」と連携を図りつつ、国、神奈川県等への要望活動を強化することが重要である。
当議員連盟は、地域住民の切なる要望を受け止め、自治体の垣根を越えて結集した有志議員の総意であり、国道246号バイパスの早期事業化及び、全線工事着工を目指し、衆議院議員、県議会議員とともに強力な要望活動を展開することを決意するものである。
以上、決議する。


このページのトップヘ

見出し画像
×