昨日は私がPTA会長をしている母校、成瀬中学校の体育祭でした。私が在校していた30年前と変わらず、熱く真剣に取り組む生徒の姿勢に心を打たれました。以下はPTA会長挨拶原稿、写真はその姿と息子の賞状授与風景です。

おはようございます。体育祭の開催にあたりPTAを代表して一言ご挨拶させていただきます。

はじめに、ご来賓の皆様方、公私ともにお忙しい中お越し頂き誠にありがとうございます。お時間の許す限り、応援いただきたいと思います。また、保護者の皆様、地域にお住まいの方々につきましても、日ごろからPTA活動にご理解とご協力をいただきありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。

さて、生徒の皆さん、今日の体育祭について皆さんにお願いしたいことが三点あります。

ひとつは怪我をしないこと。体育祭ですから、多少の怪我はあるでしょうが、頑張りすぎて、しゃれにならないような怪我だけはしないように。気持ちは分かりますが、自分たちで気をつけましょう。

二つめは、思い出に残るような体育祭にすること。特に三年生、中学校生活最後の体育祭ですから、全力で楽しんでください。

私も成中の卒業生ですが、最後の体育祭は思い出に残っています。なぜ残っているのかと言えば、一生懸命やったからでしょうね。一生懸命やったのかやらされていたのかは微妙ですが、とにかく当時から学校全体がそういう雰囲気でした。それが成中の伝統だと思いますし、今もなお、その伝統を受け継いでくれていることを非常に嬉しく思います。思い出に残るような体育祭になるように頑張ってください。

最後に、今日はご父兄の皆様が沢山いらしています。日ごろ生意気なことを言って困らせているかもしれませんが、今日はいいとこみせてください。大人になると親になると、楽しい思い出もなかなか作れなくなってきてますから、皆さんの活躍で元気づけてください。

怪我をしないこと。思い出に残るような体育祭にすること。大人を元気づけること。以上三点お願いいたしまして、PTA会長の挨拶とさせていただきます。では、今日一日頑張りましょう!