私は地元の消防団に加入しているのですが、今年は新年の消防出初式で、初めて筒先を任されました。もの凄い水圧と、手がちぎれるかと思うぐらいの冷たさに、もともと非力な腕が悲鳴をあげました。全体写真の右側で、紫色の水線が水圧に負けて、右ななめに出ている根元の筒先担当が私です。


かたじけない_| ̄|○


翌日は地元のどんど焼きでした。私は、後藤代議士や高山市長や小沼議長や国島元議長や相馬会派代表を差し置いて、代表で玉串宝殿をさせて頂きました。指名して頂いた地元の皆様のお心遣いが身に沁みましたね。またさらに、議長から「お前が地元なんだから代表でやればいい」と言って頂けたのも嬉しかったですね。本来代表は、市長か議長か代議士だと思います。ありがとうございました。


また、そのどんど焼きの模擬店では、消防団の仲間でフランクフルトを担当しました。熱いし!忙しいし!釣り銭は足りなくなるし!で大変でしたが、正直楽しませてもらいましたね。忙しいし大変だけど楽しい仕事ってありませんか?きっとこれって、自分の居場所があるってことだと思うんです。


だってさ、仕事は何をするかより、誰とするかが大事じゃん!


以上、


フランクフルトとアメリカンドッグとホットドッグの区別がイマイチつかない安藤でした(笑)