本日は、ご推薦頂いている市光工業様の門立ちを、後藤祐一代議士の応援のもと行いました。多くの社員の方々とガッチリ握手させて頂き本当にありがたかったです。

10時からは、伊勢原駅南口にて民主党の合同街頭演説会を細野豪志民主党政調会長参加のもと行いました。300人を超える聴衆の皆様の前での演説は感無量でしたね。私の演説内容は以下のとおり。

四年前に初当選させて頂いた選挙は、後藤祐一代議士と、その支援者の皆様におんぶに抱っこの選挙でした。選挙中に聞こえてくる声は「後藤のために安藤を当選させなければならない」後藤のため…後藤のために…。

おかげさまで当選させて頂き、応援頂いた皆さんと喜びましたが、その一方で、「このままじゃ、次の選挙は戦えないな」と考えていました。

そして、「後藤のために」ではなく、「伊勢原のために安藤を当選させなければならない」と言って頂けるような議員になろうと誓いました。

議員になってからは、とにかく地元愛甲石田周辺の、地域ボランティアに積極的に参加しました。石田消防団、成瀬中PTA会長、石田商工会のお祭り、長寿会でのコーラス伴奏、成瀬活性化委員会でのラジオ体操や草むしり等々…。
 
地域での自分の活動振りを見てもらい、安藤玄一の性格や人となりを知って頂いた上で、ご支援をお願いしようと、考えながら活動していましたね。

議員活動の実績としては、石田地区ではチカンの犯罪件数が多かったので、伊勢原市で初めて防犯カメラの設置をし、安心安全センターを開所致しました。さらに地域の利便性を高めるため、コミュニティーバスも開通となりました。

これらの実績が、愛甲石田南口に集中して行なわれた理由は、「地域の事は地域でやる」という考えのもと、地域の皆様が、日頃から積極的な活動を行ってきた事への評価の結果だと、その一員として自負しております。

今回の選挙の事務所開きに80人、出陣式には、100人にのぼる方々の参加を頂きました。多くが地元の方々で嬉しかっですね。

次の四年間、この活動の裾野を伊勢原全域に広げて行けるよう頑張りますので、ご支援宜しくお願い致します。ありがとうございました。

演説内容は上記の通りです。支援者の皆様に「演説良かったよ〜」と言って頂きました。ありがとうございました。

様々な選挙活動の後、最後はやはり愛甲石田南口にて終電まで見送りし、活動終了となりました。