今夜消防団を対象とした救命救急の講習会に参加。

心肺停止状態で救急搬送された方が、もとどおり社会復帰できる確率はわずか数%だそうです。救命救急はまさに時間とのたたかい。

救急車は数分で到着するといっても、心肺停止の人にとっては、待っている数秒ごとに救命率は下がり続けている。

いざその場に居合わせ時、「何か一つ」でも行動に移し、救命のリレーをスタートさせようと再認識致しました。

IMG_0667
IMG_0668
IMG_0669