アーカイブ

2014年12月

昨日は、早朝から毎週日曜日に行っているラジオ体操に参加いたしました。当初は数人だった参加者も、今では70人近い人が集まるようになりましたね。

健康増進だけでなく、地域コミュニティの活性化という意味でも意義ある活動だと思います。

最近は正直朝寒いので、「今日行くのどうしようかなぁ」と思う時もあるのですが、行けば必ず誰かと話ができて、得てしてまたそれが自分にとって重要な話だったりするんですよね。

行くたびに「何事も迷ったら行くべき」だと再認識する次第です。

終了後は愛甲石田駅前の清掃活動に参加致しました。こちらも参加者が増えましたね。自分たちが利用する駅前、たとえゴミが落ちていても無視しがちなもので、何も感じない人もいるでしょう。かくいう私もそうでした。

でも、こうした活動をしていると、不思議と落ちているゴミや吸い殻が「気になる」ようになるんですよね。行政に頼らず、「ゴミが気になるなら自分達で拾えばいい」という姿勢、素直にカッコいいと思って参加しています。

夜は消防団の「歳末火災特別警戒」に参加致しました。今年は地元成瀬地区で火事による出動が一度もありませんでした。年末までこの調子で行きたいものですね。

昨夜は愛甲石田駅南口ロータリーにある、成瀬安全安心ステーションにたずさわる方々の忘年会にお招き頂きました。やはり、ボランティア精神を持った方々の話は聞きごたえがありましたね。

また、今回の選挙で駅頭活動をやったおかげで、会にも出席されていた一人の方が、毎朝6時に駅のごみ拾いをやっていたことを知ることができました。

伊勢原市では、昨年10月にポイ捨て等の防止条例を施行し、監視員も雇ってポイ捨てが無くなるよう目を光らせていたのですが、ほとんど機能していないようでしたね。改善されるよう、しっかり指摘して行きたいと思いました。

それにしても、集まった皆様それぞれが地元愛にあふれる活動をしていることを知り、本当に頭が下がりましたね。

「私は何にも出来てないです」

とションボリ言うと、「お前だって消防団やったりPTAやったりしてんじゃん。草むしりやラジオ体操だって来てるから、それでいいんだよ!」と励ましてもらい嬉しかったです。ただ最後に

議員じゃなくやってれば、もっと良かったけどな(笑)

付け加えられてしまいました…。

確かに、議員ではなく普通の仕事をやってたら、果たしてこんなに地元のための活動をしていただろうか?と思います。まだまだ選挙のためにやってるんだろ?と言われても仕方ありませんね。

「アイツよくやってるよな」と言われるためには、もっともっと、圧倒的に行動しなければならないのでしょう。頑張ります!

駅頭活動と陳情対応

昨日は早朝より、愛甲石田北口にて後藤代議士と共に駅頭活動を行いました。「よかったね!」「おめでとう!」と、握手を求める方の多さは相変わらずですね。中には黙って親指を立てる クールな方もいらっしゃって、笑ってしまいました。

その後、昼は市民の方の陳情2件の対応に追われました。正直、市民相談も内容によって、出来ること出来ないことがあります。相談の段階で断わることもありますね。特に他の人が並んで待ってるところに「横はいりさせてくれ」といった内容ならば対応致しません。

今回の陳情は行政側に「これって公平?」と疑問に思うような内容でしたので、早急に動いています。まだ結論が出ていないので具体的な内容は伏せますが、時に「今までのやり方」に縛られてしまって、いつの間にか公平性を欠いている事ってあると思うんですよね。

まだまだ経験不足。知識不足。動きながら勉強している状況に変わりはありませんが、何のために議員をやっているのか?という事だけは見失わないように気をつけています。

消防団活動

昨日は消防団市内全分団参加による練習会でした。写真の中で「ウキャー!」と、不謹慎なポーズをとっているのは私の同級生です。「これじゃ玄一のフェイスブックに載せらんねーだろ?(笑)」と言われましたが、面白いので載せました(笑)

こうしてふざけたり、時には飲んでハメを外したりして「全く消防団の連中は!」と、一般にとかく言われがちですが、皆いたって真面目だし、そもそもボランティア精神で地元のために奉仕しているという事を理解して欲しいですね。

そしていま、伊勢原市消防団第5分団第1部では、慢性的な団員不足に頭を抱えています。私達と一緒に活動して頂ける方を随時募集中です!晴れて入団して頂いた方々にはもれなく、私の同級生から「ウキャー!」が進呈されますのでお楽しみに。おい!(笑)

男女問わず待ってまーす(^-^)/

消防団訓練

毎月1日と19日は消防団で地域巡回を行っております。終了後、今夜は水出し訓練を行いました。

実際に消防ポンプ車から水を出すのって、水道の蛇口をひねるようにはいかないので、定期的に練習が必要なんですよね。

消防団の皆様、寒いなかお疲れ様でした!

このページのトップヘ

見出し画像
×