今朝は地元の愛甲石田駅前にて後藤代議士と街頭活動を行いました。

都議選では自民党も民進党も大敗でした。内閣支持率がついに30%台となりましたが、民進党に支持が移っているわけではありません。

内閣支持率降下の要因は、今更言うまでもありません。民進党はそれらを厳しく追求し、様々な問題を浮き彫りにしました。

本来であれば、ある程度の批判票が流れてくるものですが、実際には議席を失い、離党者を出すような事態になりました。

民進党は崖っぷちです。

これだけブランド力が低下してしまうと、看板のすげ替えや、代表の変更といった付け焼き刃での改革では、信用回復は現実無理だと危惧しています。

最近、何人かの若手国会議員が「解党的大改革」と発言しています。相当な覚悟での発言だとは思いますが、むしろ「的」もいらないのかもしれません。

改革はこの秋以降みたいですが、的はずれな改革にならぬよう期待しています。

「違うだろー」的な改革は勘弁して欲しいですね。

IMG_0623
IMG_0624